イジメはなくせます by弐月直也

学校裏サイト掲示板ブログ

小説「マキャベリアン」について

「マキャベリアン/マキャベリスト」とは、

「目的のためなら手段をえらばない人」のことです。

心理学用語です。

「マキャベリアン」は、「サイコパス(=詐欺師)」「ナルシシスト(=うぬぼれ屋)」と並んで、「悪の三人格」のひとつに数えられています。

分かりやすく言うと、悪いやつのことです。

元ネタは、『君主論』を書いたマキャベリという人物の名前です。

『君主論』には、「君主が国を維持するためならば、時として悪い行いやることが必要」と書かれていることなどから、一言で言い表すと、「目的のためには手段を選ばない」思想であると一般には理解されています。

 


マキャベリスト(マキャヴェリアン)とは何か

 

ここからがややこしいのですが・・・、

『君主論』には、「目的のためなら手段を選ばない」という記述はありません。

『君主論』は、「国を維持するために、君主はどうあるべきか」について書かれています。

 

続きまたいつかかく。

 

 

 

 

小説「マキャベリアン」は、

小国でも戦争に負けない方法を書いた、

兵法書「孫子」と、

国家を保持しつづけるにはどうするべきかを説いた、

マキャベリの「君主論」を、

いじめにあったときは、

どう応用すればよいのか?という観点から、

私なりに読み解いた答えを小説として著わしたものです。

 

「君主論」

 

 

「孫子」

  

 

読みやすい「孫子の兵法」はこれ。

僕が高校生のとき初めて読んだのもこれです。

 

「君主論」のわかりやすいものは、まだ見つけていませんが、

上の岩波文庫であれば、

第15章~第23章までの64ページほどを読むだけでもよいでしょう。

ここは一番おもしろくよみやすいところでありながら、

この部分こそが「君主論」の肝なのです!

それだけで1冊は全386ページのうち、

6分の1ほどの量しか読まずにすみます。

 

また、小説「マキャベリアン」は、

核となる思想は「君主論」から得ておりますが、

その内容のほとんどは「孫子」によっています。

 

 

 【その他の参考文献】

「戦争論」 

 

「診断名サイコパス」